アクセスカウンタ

森麻呂の不思議な山行記

プロフィール

ブログ名
森麻呂の不思議な山行記
ブログ紹介
 神奈川県S市の、とある山岳会に所属し、日々沢、岩、尾根、雪山等種々の山行に勤しんでいます。中々経験出来ない、魅力的な不思議な山行の数々を御紹介します。是非一度お立ち寄り頂き、今後の山行の参考にして頂ければ幸いです。
 ところで、森麻呂は現在仕事の都合により、四日市在住となっており、台高、大峰や鈴鹿等の山々や渓谷への興味が日々増大しつつあります。そこで沢登りを中心として、これらの山域に御一緒して頂ける方は何方か居ないでしょうか?是非ご一報下さい!

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
新雪の白峰、抜けるような碧空、+αで満開の桜 富士山(経ヶ岳迄)
新雪の白峰、抜けるような碧空、+αで満開の桜 富士山(経ヶ岳迄)  またもや更新が遅くなっています。先週の週末は、職域山岳会関連で少し遠出をして、富士山に行って来ました。と言っても、富士吉田口の馬返から経ヶ岳までですけど。山行前日の夜に少し雪が降り、思い掛けずに新雪積もる富士の峰を楽しむ事が出来ました。澄み渡る空の蒼さも素晴らしかった!山行時間が短かったので、物足りなさが残りますけどね。それでも、帰りには中央高速上からは、諏訪湖から伊那谷辺りで満開の桜のオンパレード。新雪の白峰、抜けるような碧空、+αで満開の桜を一辺に楽しんだ、贅沢な週末となりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/26 22:36
山桜&大眺望&苔生す古道をセットで堪能 布引山地・大洞山から尼ヶ岳
山桜&大眺望&苔生す古道をセットで堪能 布引山地・大洞山から尼ヶ岳  土曜日の登山教室を終えた後、とんぼ返りで四日市に戻り、日曜日は三重の布引山地・大洞山から尼ヶ岳を登って来ました。登山口となる三多気は、この頃丁度山桜が見頃との事で、これも合わせてでとの思惑でした。期待の三多気の桜ですが、満開までとはいかなかったですが、帰り道では随分と咲き広がっていて満足一杯でした。また、大洞山の雌岳、雄岳、それにも増して尼ヶ岳からの大眺望も素晴らしかった!。それと意外だったのは、帰り道の石畳の道沿いに広がる苔の群生でした。これ程までに、広域に苔が広がっている様は、中々見た事無... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/19 06:19
何とか富士山間に合った何時もの初級登山教室 山中湖・石割山〜平尾山〜大平山〜長池山
何とか富士山間に合った何時もの初級登山教室 山中湖・石割山〜平尾山〜大平山〜長池山  土曜日は、神奈川県S市の山岳協会の企画で、市民登山教室初級として、山中湖畔の石割山〜平尾山〜大平山〜長池山と、S市市民と共に縦走してきました。初級登山教室は、最近はずっと富士五湖周辺の山ですが、ここ数年は富士山が拝められなかったと記憶しているので、ここまで雪を纏った富士山を眺める事が出来たのは、皆さん本当にラッキーでした。山中湖の眺めも良かったですし。本日は、午後雨の予報もあった位ですからね。それでもこの縦走路、結構階段が多くて、皆さん結構うんざり気味だったかな?  それでも、この初級登山教... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/16 23:30
鈴鹿の春は何処へ? 鈴鹿山脈・鎌ヶ岳
鈴鹿の春は何処へ? 鈴鹿山脈・鎌ヶ岳  本日は先々週に引き続き、職域山岳会の山行で、来年の三重インターハイの登山隊支援プログラムの一環という事で、馬の背尾根から鎌ヶ岳に登って来ました。本日の目的は、大会時の監視地点、ロープ設置地点、要救助者の搬送方法の調査等なので、ペースとしてはゆっくりとしたものになっています。それにしても、今年は残雪が多い。登山道にも未だ雪が残っているし。途中、椿の花が結構落ちていたのと、少しアセビの花があった位で、花も未だ少なくて・・、未だ何だか春を実感出来ないですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/09 23:00
碧天の空に映える白峰 両白山地・大日ヶ岳
碧天の空に映える白峰 両白山地・大日ヶ岳  ここ最近、更新遅くなってます。日曜日は、昨年も丁度同じ時期に訪れた両白山地・大日ヶ岳に、今年もまた行って来ました。暖冬だった昨年は、最早雪は少なくて春山の雰囲気でしたが、今年はたっぷりの残雪豊富。澄み渡る青空も相まって、白銀の峰々がくっきりと浮かび上がり、途轍もない程の大絶景でした。特に、白山連峰の眺めが素晴らしい!の一言に尽きます。同行したまぁちゃんにも満喫して貰えたようです。これ以上無い絶好の条件に恵まれて・・・、両白山地の山の神々に感謝するしかないですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/04 22:02
ここは何処の谷?何処の山? 鈴鹿山脈・馬の背尾根から長石谷ルート
ここは何処の谷?何処の山? 鈴鹿山脈・馬の背尾根から長石谷ルート  土曜日は職域山岳会の山行で、来年の三重インターハイの登山隊支援プログラムの一環という事で、鈴鹿山脈・馬の背尾根に行って来ました。山行自体は短いもので、個人的には物足りないものがありますが、目的はあくまで大会ルートのエスケープルートの調査。個人山行では無いので仕方が無いです。馬の背尾根は、森麻呂としては初めて踏み入れましたが、倒木も多くて御世辞にも綺麗は道とは言えないよう。本番までにはもう少し整備が必要かも。その後、エスケープルートとして長石谷コースを下りましたが、谷筋は未だ残雪豊富で、とても初... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/26 23:27
タップリの残雪を享楽 両白山地・野伏ヶ岳 〜2日目〜
タップリの残雪を享楽 両白山地・野伏ヶ岳 〜2日目〜  すみません!時間が取れずに更新遅くなりました。2日目は愈々高校生達と共に、野伏ヶ岳を目指しました。山頂からは白山が間近で、その眺めが素晴らしいとの噂でしたが、残念ながら我々が到着した頃はすっかりガスの中。周囲の展望は殆ど無くて、とても残念でした。それでも、高校生の春山大会は、毎年この山で実施されるようなので、また来年も参加して、それまでのお楽しみですかね。  それでは、野伏ヶ岳の2日目をご覧下さい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/25 19:48

続きを見る

トップへ

月別リンク

森麻呂の不思議な山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる