森麻呂の不思議な山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 初参戦の岩場を試食 大津・千石岩

<<   作成日時 : 2017/10/04 22:14   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 付近にテント泊して、2日目は大津・千石岩にクライミングに行って来ました。トップロープのクライミングも盛んな岩場との事で、初参戦の我々にとっては有り難いかなと。元々、余り長居する心算は無く、少し試食してみただけですが、そこそこ楽しめたので、また訪れてみようと思います。またこの後、温泉にでも行こうと比良とぴあへ。湖西道路を逆戻りするのが、少し気に入らないですが・・。この沢登り&クライミング&温泉のパターンが大変気に入ったので、また次回もこのパターンでやってみようという事になりました。

 日時:2017年10月1日(日)
 場所:大津・千石岩
 メンバー:Shuくん、森麻呂(L)
 天気:曇り
 記録:早尾神社(7:00) → 千石岩(7:30〜10:10) →早尾神社 (10:30)

 テン場を早朝に後にして、湖西道路を下って行って、早尾神社の駐車場へ。5台程止められる駐車場に止めさせて頂いたが、「参拝者以外は駐車は御遠慮願います。」の案内があったので、駐車して良かったのか一寸疑問。もう人は住んでいないと思われる建物の横の道を上がって行くと、軈て道標があって、千石岩0.5kmと記してある。これに従って踏み跡を進んで行く。すると、間も無く0.3kmだったか?の道標があって、この先からは結構な急登となる。道は容易に崩れそうで、然も滑り易そうな相当な急登。なのでロープが延々と張り巡らされていた。直ぐに到着出来るものと思っていた我々は、完全に思惑が外れ、結構ヘロヘロになって進んで行く。漸く巨大な岩場が現れ、これが千石岩のようだ。15分あれば着くと思っていたが、結局30分近く掛かってしまった。

 到着した大石岩
画像


 未だ朝早く、我々が一番乗りだったので、ゆっくり観察してルートを選ぶ。一通り観察して裏側から頂上方面に回り込んで、トップロープの支点を確認にて、元のサイドに戻る。やはり最初に飛び出たサイドが適当そうだったので、ここにトップロープをセットした。ロープをセットしている間に、頂上から眺めた琵琶湖&大津市街の展望は、実に素晴らしかった。

 頂上からは、琵琶湖&大津市街の眺めが素晴らしい!
画像


 その後、愈々トレーニング。先ずはノーマルルートからトライ。各自2〜3本程度は登った。また、下部の方はノーハンドスラブとの事で手を使わずに、足だけで登る事も試してみたりした。これが中々難しい・・。そうこうしているうちに、9時頃に後続の4名と2名の2パーティーが到着した。2名の方の1名とは、少し話をさせて頂いた。京都から来たとの事で、上品な京都弁が心地良く耳に残った。この岩場の話等聞かせて頂いて、大変参考になった。どうも有難う御座いました。

 ノーマルルート格闘するShuくん
画像


 森麻呂は早々にノーマルルートは飽きたので、右のハングを越えるルートを試す事とした。それでも、ハング越えは一寸歯が立たなかった。今度訪れる際にでも、またトライしてみようと思う。
 2人だと直ぐに順番が回って来てしまうため、10時にもなると、この岩場の感触を掴む事が出来ただけで、早くも満足してしまった。早々にロープを回収して、2名パーティーにルートを明け渡した。その後、少し2パーティーの登攀の様子を眺めさせて貰った後に、下山した。
 早尾神社に到着すると、折角なので参拝に立ち寄ってみる事とした。行って見ると、綺麗に清掃、整備された大変立派な神社だった。参拝者も途絶える事はなさそうだった。何か格式ある神社なのだろうか?

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初参戦の岩場を試食 大津・千石岩 森麻呂の不思議な山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる