森麻呂の不思議な山行記

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪天もただでは転ばぬ我が会員〜1日目〜 鈴鹿山脈・藤原岳・木和田尾

<<   作成日時 : 2018/02/12 20:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 先週末は、職域山岳会の方の雪山訓練がありました。1日目の土曜日は、鈴鹿山脈・藤原岳・木和田尾に入りました。天候が良ければ、県境稜線まで登る予定でしたが・・。御存知の通り、土曜日は午後から雨が降り出す予報。流石に長居は出来ないという事で、標高640mまで登って、この周辺で一寸した訓練を実施して戻って来ました。まあ、それなりにトレーニング出来たので、我が会員は悪天でもただでは転ばないですね。途中、少しだけ小雨が降り出しましたが、駐車場に戻るまで、本格的には降り出さなかったのは幸いでした。早々に戻って来ているので、簡単にのみどうぞ!

 帰りは白瀬峠登山道を下ります
画像


 日時:2018年2月10日(土)
 場所:鈴鹿山脈・藤原岳・木和田尾
 メンバー:N.Mさん、K.Sさん、O.Kさん、F.Kさん、O.H1さん、K.Sさん、O.H2さん、G.Gくん、森麻呂
 天気:曇り一時小雨
 記録:簡易パーティングふじわら(8:15) → 中電鉄塔巡視路入口(8:30) → 第一鉄塔下(9:05) → 標高640m(10:20)
 → 夏道少し下った地点(10:25〜11:55) → 白瀬峠登山口(12:45) →簡易パーティングふじわら (13:00)

 朝8時に簡易パーティングふじわらに集合の計画。こんな予報の悪い日に集まるのか?と思いきや、事前のN.Mさんの「集合時に雨でなければ決行」の一言で、遅れて来る予定のO.H1を除いて、他は予定通りに集合しました。本日は汗臭いメンバーばかりなのが、少し寂しいかな?何時ものメンバーなので、少し本日の計画を話しただけで直ぐに出発。出発時は、一部青空も覗いていて、思ったよりかは悪くなかったです。
 少し車道を歩いた後に、中電鉄塔巡視路を進みます。踏み跡は全く無いかと思ってましたが、意外にも確りした踏み跡が残されてましたた。薄っすらと残る残雪の道を登って行くと、徐々に積雪も増えて来て、確りとした雪道になってきます。順調に登り詰めて行くと、9時過ぎには、一番目の鉄塔下に到着しました。

 第一鉄塔前の森の様子
画像


 この後、2番目の鉄塔を過ぎるまでは、登りの道が続いています。軈て傾斜が緩くなってくると、周囲の植生も変わって来て、鈴鹿らしい雰囲気に。何だか興味深かったです。

 平らになってきた処を進む
画像


 一般道と合流する標高640m地点に到着したのが、10時半前。本日は午後から天候が崩れる予報なのと、稜線に登っても、適当な場所はないと思われるので、一寸した窪地になっているこの辺りで、触り程度の雪山訓練を実施する事としました。

 木和田尾・標高640m地点
画像


 本当は、雪洞構築訓練とかを実施の予定だったようですが、この辺りの積雪は精々30〜40cm程度。雪を掘り出して行くうちに、地面が露わになってしまう状態。一先ず、それぞれ何とか工夫して、2人分のビバークサイトを構築しようという事で、皆さん”よ〜い、ドン”で、15分期限で構築競争する事になりました。皆さん、それぞれ個性的なビバークサイトを構築されていて、非常に面白かったです(下はN.Mさんの代表例ですかね)。そうこうしているうちに、後から登って来たO.H1さんが到着、何時も明るいO.H1さん到着で、一気に賑やかになってきた!

 ビバークサイト構築訓練ですね
画像


 その後は、ビーコンの捜索訓練。森麻呂のビーコンを雪の下に埋めて、その他2つのビーコンで捜索して貰いました。感覚は掴めましたでしょうか?それから、N.Mさんを雪の下に埋めて(N.Mさん、申し訳ないです!)、プローブを刺して、人体に当たる感覚を掴んで貰いました。序に、若いG.Gくんも埋めて(確り雪固めて・・)、雪に埋まると、動き出すのが大変なのを感じて貰いました。

 雪崩埋没者の捜索訓練
画像


 そんな感じで、一通り訓練というか?何だか一寸遊んだ後に、12時前には下山する事にしました。下山は、夏道に従った白瀬峠登山道を下りました。ここにも、若干ながら踏み跡は残ってました。登山口に到着すると、先頭を突っ走っていったO.H1さん愛用の軽トラが到着済みでした。荷物は全部荷台に乗せて、空身で楽ちんに駐車場まで戻りました。

 この後、とある会員限定サイトに移動して、何と猪と鹿の肉三昧の料理を調理して、皆さんで戴きました。これが意外にも結構な美味、吃驚させられました・・。何だか、これが本日一番印象深い出来事だったような・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
悪天もただでは転ばぬ我が会員〜1日目〜 鈴鹿山脈・藤原岳・木和田尾 森麻呂の不思議な山行記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる