奇石や景勝地を巡る山旅 奥三河・三ツ瀬明神山

 すみません、もう一つ山行があったので、次の山行の前に更新です。9/18(火)は休みを取得して、奥三河・三ツ瀬明神山を登って来ました。森麻呂は全く知らなかった山ですが、教えて貰って調べてみると、鬼岩と呼ばれるクライミングエリアもあるらしく、低山ながらも一寸興味深々。訪れてみると、登山道自体は鎖場、梯子幾つかありますが、特別難しいという訳でもなくて、然程苦も無く登れる山でした。それでも、乳岩峡、乳岩、鬼岩は一見の価値がありますね。まあ、そのお陰で、寄り道時間が随分長い山行となってしましましたが・・。それでも、山頂の展望がイマイチなのが、一寸物足りない感があるかな?

 帰りの乳岩峡は、とても美しい流れ
画像


 日時:2018年9月18日(火)
 場所:奥三河・三ツ瀬明神山(1016m)
 メンバー:N.Mさん、森麻呂(L)
 天気:曇り時々晴れ
 記録:乳岩峡(6:35) → 乳岩一巡(6:55~7:20) → 一服の岩(7:50) → 鬼岩(8:25~50) → 鬼岩乗越(9:00)
 → 胸突八丁(9:10) → 胸突八丁の頭 (9:35) → 六合目(9:45) → 八合目(10:10) → 明神山(10:25~40)
 → 六合目(11:10) → 鬼岩(11:45) → 乳岩(12:45) → 乳岩峡(13:05)

 三重を早朝のうちに出発。伊勢湾岸、新東名、三遠南信自動車道と車を走らせ、最後は細い田舎道に入って現地に向かう。突き当りまで進むと、十数台程の駐車場があって、その先が乳岩峡への遊歩道となっていた。駐車場には未だ車1台のみ。平日だから少ないのかな?と思いながら、難なく車を止める。駐車場奥には綺麗なトイレがあって、ここで用を足した後、少し未だ薄暗い中、乳岩峡への遊歩道へ足を踏み入れる。
 踏み込んだ先はいきなり、美しい岩肌に澄んだ穏やかな清流流れる景勝地。初っ端からの渓谷美に心奪われるが、少し薄暗いので、一寸早過ぎたかな?の感も・・。

 乳岩峡は、いきなりの景勝地
画像


 更に穏やかな道を進んで行って、古い橋を渡って、道に傾斜が付いて来ると、直ぐに乳岩一巡への分岐となっていた。順路が示されていたので、その通りに左回りで進んで行く。すると直ぐに、大岩壁が出現。巨大過ぎて、写真に収まり切らない程。岩間に沿って鉄梯子が延々と延びていたので、これに沿って上部へ進む。大分登り詰めた処で漸く下りとなり、これを進むと、巨大な石門が出現、これが通天洞らしい。この下を通り抜けると、今度は真白な岩肌の大岩壁。これが乳岩の名前の由来だろう。更に先に進むと、道は分岐していて、登りの道があったので、一先ずこれを進むと、先は岩の空洞で行き止まり。その奥には多くの石仏が祭られていた。一旦来た道を引き返し、合流点から更に下って、乳岩一巡入口に戻った。

 乳岩に突入。巨大過ぎて、写真に収まり切れない・・
画像

 回り込むと、如何にも”乳岩”らしい白い岩肌
画像


 ここから先も未だ緩やかな道。余り登ってる感が無い。それでも登山道脇には、シダ類が延々と群生していたのが一寸特徴的だった。途中、一服の岩で少し休憩。朝早過ぎて食べてなかった御握り等を戴いた。この先は再び乳岩川に沿った道となり、これまた全く平坦な道になってしまう。何だか登山してる気がしない。その後、再び登山道が沢から離れると、間も無く鬼岩に到着した。
 鬼岩には、途中追い抜かれた単独者1名居るのみ。彼も直ぐに先に進んで行った。なのでこの岩場、この時完全に2人の貸し切り状態。僭越ながらもクライマーの端くれである森麻呂にとっては興味深々。周囲を一通り眺め回して行った。それでも、どこもハングが強くて難しそうで、一寸手が出ないかな?。それでもホールドは豊富そうだった。容易に上部に登れる岩もあったので、2人で上部に登って下の登山道を覗いたりもして、乳岩一巡同様、寄り道し放題。その後、我に返って、未だ全く進んでいない事に気付いて、漸く現地を後にした。

 鬼岩に到着
画像

 こういう岩です
画像


 鬼岩から先は、少し登りになって、間も無く鬼岩乗越に到着。これを過ぎると、漸く明神山の山頂も拝められるようになってきた。

 鬼岩乗越を過ぎると、山頂が見えて来た!
画像


 鬼岩乗越から10分程で胸突八丁の入り口。ここからは急登が続き、気温が上がって来る中、結構辛い登りとなる。それでも胸突八丁も25分程で終了。着いた先が胸突八丁の頭となっていた。ここから更に10分程登り詰めて、漸く六合目に到着した。ここは、三ツ瀬登山道が右から合流してくる。ここは展望も無いので、少し周囲を眺め回した後、直ぐに出発した。

 六合目到着。三ツ瀬登山道が合流します
画像


 六合目から10分程で最初の鎖のある岩場到着。漸く明神山の本領発揮となる。更に5分程で、3本程の鎖が延々と連なる急な岩場に到着。それでも、特別難しい岩場という訳ではない。森麻呂は鎖は頼らずに登り詰める。それでもこれで一気に高度を上げた。

 ここから急な岩場を登ります
画像


 更に10分程進むと、八合目到着。ここには岩場に向かう3m程の岩壁に鉄梯子が掛けられていた。これを登ると、馬の背と言われるらしい岩場が続いていて、ここからは周囲の展望が実に素晴らしかった。ここからの展望に、2名共暫し見惚れていた。進行方向には、明神山の山頂も迫って来る。

 八合目・馬の背からの眺望①
画像

 八合目・馬の背からの眺望②
画像

 馬の背を振り返る
画像

 山頂が迫って来た!
画像


 この先には、もう難所はなかったかな?(すみません!忘れました・・)。九合目の道標も越え、更に登り詰めて、10時半前には山頂に到着した。山頂の道標の前で、苦労しながら記念写真を撮った後、展望台に登る。ここからは、東側(だったかな?)のみしか展望が無かった。展望台建設後に、木々が更に成長してしまったのか?ここで休息しようとしていると、単独の女性が登って来た。なので、これ以上特に見るべきものも無いので、早々に山頂を後にした。

 明神山山頂です!
画像

 山頂には展望台が在ります
画像

 展望台からの眺望
画像


 下りは来た道を引き返すのみなので、特に立ち止まる事も無く、どんどん下って行く。途中、平日にも関わらず、登山者が次々と登って来るのには吃驚。近隣の方々には人気の山なんだろうか?。その後、途中の鬼岩では、クライマーが1パーティーだけ取り付いていて、一寸観察させて頂いた。更に下って行って、一服の岩で登り同様に長休止、ここで昼食休憩とした。13時頃に漸く辿り着いた乳岩峡には、清流の中に多くの魚影が認められた。でも、小さいものばかりだったので、一寸捕るのは可哀想かな?。駐車場に到着すると、もう車で一杯。更にその先の道端にも車は溢れ返っていた。平日にも関わらず、こんなに人が多いなんて・・、唯々吃驚させられた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック